アルブミン値について

春ですね!!

健康診断の季節ですね!!

健康診断の結果が届いたら、コレステロール、中性脂肪・・・採血結果気になりますね(´゚д゚`)

見る項目で年がバレる??( ̄▽ ̄)~*

その中で皆様一度は目にしたことがあるであろう「Alb」という項目!これは(Albumin)アルブミン値といいまして、簡単に言うと栄養状態を知れる値になります。

今日はそんな話です。

みゆき園でも管理栄養士さんがこの数値をもとに栄養サポートしてくれています!!                  (もちろん他にも、すべての血液検査の結果や日々の食事量、食事の様子、体重増減、本人様の嗜好・お気持ち、家族様の意向、、他にもいっっっぱいの情報を元に健康と心のアプローチをしていますᕦ(ò_óˇ)ᕤ。)

※公益社団法人 日本人間ドック学会の判定基準によると、アルブミンの基準値は3.9g/dl以上とされています。また、3.7〜3.8g/dlは要注意、3.6g/dl以下は異常値とされます。(高齢者では、3.5g/dl以下を目安に要注意としています)

このアルブミンが基準値より低い場合、いくつかの原因が考えられるわけですが、その原因の1つに栄養状態の低下が考えられます。

食事量が少なくなると低栄養状態になってしまい、免疫力の低下、筋肉量の低下、骨折リスクの増加、認知機能の低下などのさまざまな健康障害を引き起こすことになります😥

そうならないために、カロリーupを検討したり、食欲増進の工夫をしたり、栄養補助食品を利用したり、あの手この手を考えていますヽ(*。>Д<)o゜栄養状態を把握することで、みゆき園での生活を元気に楽しく過ごせるよう職員一同でサポートしています(*^-^*)( •̀ ω •́ )✧

よかったらシェアしてね!